遮熱・断熱・遮光フィルム

有限会社コパン HOME  > 遮熱・断熱・遮光フィルム

遮熱・断熱・遮光フィルムの効果

01.日射江尾遮蔽(省エネルギー効果)

01日射を遮蔽
(省エネルギー効果)

太陽熱を抑えることにより空調の負荷を軽減させ、現在使用している使用電力量を削減することが 可能です。
また、削減電力量に応じてCO2排出量も少なくなります。 
02.不快な眩しい日射しを抑える

02不快な眩しい
日射しを抑える

必要レベルに応じ、各種フィルムによって室内に差し込む採光量をコントロールすることが可能です。また、ブラインドやカーテンを閉める手間を軽減すると同時に、ブラインド・カーテンの変色も同時に予防する事が可能となります。 
03.紫外線カット

03紫外線
カット

人体に有害と言われているUV-A UV-Bの波長を遮蔽します。
また、有害紫外線をほぼ100%カットすることから、日射による褪色劣化(絨毯・カーテン・備品・書類等)を防ぎます。
04.プライバシー向上

04プライバシー
向上

フィルムが持つ透過率や反射率を利用し、気になる視線を軽減させることが可能です。また、ガラスの開放感を犠牲にすることなく、気になる視線を軽減させる働きはウィンドウフィルムの特徴の一つです。 
05.ガラスの飛散防止効果

05ガラスの
飛散防止効果

全てのフィルムが50μ以上のベースフィルム厚から構成され、地震、その他衝撃による万が一のガラス飛散を防止することが可能です。
06.防虫効果

06防虫
効果

屋内から漏れ出す光に集まってくる昆虫類などは、紫外線を頼りに活動しています。(走行性)弊社フィルムには紫外線カット効果(300~380nm)が備わっており、蛍光灯から外部へ漏れ出す紫外線をカットし、紫外線に反応する昆虫類を寄せにくくする働きを持ち合わせます。 

太陽熱コントロール

太陽熱コントロール
カーテンやブラインドを開き、外の景色を楽しみながら日射をコントロールすることが可能なウィンドウフィルムです。

希望される可視光線・日射熱の調整レベルによって、さまざまなフィルム品番を選ぶことが可能であり、目的に応じた室内環境を整えることが可能になります。
冬 開口部から逃げ出す熱は48% 夏 開口部から入ってくる熱は71%
開口部にフィルムを貼ることによって、開口部の熱移動を防ぎます。
部屋内の温度が保たれるから、エアコンへの負担が減り、 冷暖房費用の削減、CO2の排出を抑えて、省エネにもつながります。

遮熱・遮光フィルムのポイント

太陽光をカット!まぶしさをカット!電気代をカット!
施工前
施工前
フィルム貼付施工後(Sterling60)
フィルム貼付施工後(Sterling60)

暑さとまぶしさをシャットアウト!

窓ガラスからの暑い日差しをフィルムが和らげ、室内の温度上昇を抑えることで生活空間の快適さを向上させると共に、空調設備への負荷を低減し省エネにつながります。

まさに省エネ!窓からの侵入熱を30~80%もカットします。

総太陽エネルギーをカットすることで、空調負荷を低減させ、省エネ効果につながります。
冬季は室内の放射熱を保持する効果があります。夏季・冬季を通して、省エネ効果を期待できます。

太陽熱・光の侵入は大半が窓から

遮熱・断熱フィルムの種類と性能

日射熱カット率 熱貫流率 可視光線透過率
ソーラーガード Ecolux70 52% 3.5w/㎡・K 68%
日立maxell LE-Comfort 48% 3.7w/㎡・K 70%
3M LOW-E70 44% 4.6w/㎡・K 72%
3M LOW-E20 シルバー 76% 4.6w/㎡・K 20%
この中でも比較的高いバランスで性能を実現しているのはEcolux70です。
特に遮熱・断熱性が従来のフィルムに比べ強化されています。
3mmガラスの断熱性能との比較でも約41%まで改善されます。
なおかつ可視光線の透過率が優れているのでクリアで明るい視界を実現しています。
なのでエアコンなどのエネルギー効率を高め四季を通して省エネ、
室内を明るく快適性の維持することが可能です。

カーペットやカーテン等、家財道具の退色予防をご検討の方へ

紫外線40% 日射熱25% 可視光線25% その他10%
紫外線を抑えれば、大切な家財家具の退色を抑えることが可能であると一般的に認識されています。しかし、家財家具の退色理由は紫外線のみが原因というわけではありません。太陽光線による退色原因の理由を細分化すると、参考図の通りとなります。

家財家具の退色原因は「紫外線が40%、可視光線が25%、赤外線(日射熱)が25%その他10%」となり、日常降り注ぐ紫外線を抑えるだけでは全体の40%の対策を行っただけに過ぎません。効果的な退色予防には、可視光線と、赤外線(日射熱)も合わせた対策が必要になります。

ソーラーガードウィンドウフィルムは、ブラインドやカーテンのように一時的に遮る製品ではなく、窓ガラスから侵入する全ての要因を調整することが可能です。

※スターリングシリーズは、一般的な紫外線カットフィルムとは異なり、紫外線カット層 が複層構造となります。フィルム施工直後はどのメーカーでも99%以上の紫外線カット性能を持ち合わせますが、スターリングシリーズは長期間に渡り施工直後同様の紫外線カット性能を有することが可能です。

遮熱・遮光フィルム 事例

画像をクリックすると拡大写真をご覧いただけます。

オススメ 遮熱フィルム・遮熱断熱フィルム

商品名 アメリカ・サンゴバン社、ソーラーガード・スターリング40
金額 ¥15,000/㎡
特徴 透明度(可視光線透過率)が高く、遮熱(暑さを抑える)性能が高い
遮熱要素は、2枚のフィルムのサンドイッチ構造(スパッタリング製法)なので、他社蒸着タイプと比べ、耐久性がある。
商品名 アメリカ・サンゴバン社、ソーラーガード・Ecolux70
金額 ¥38,000/㎡
特徴 断熱性能(熱貫流率)が高く、透明度(可視光線透過率)が高い
断熱性能の向上により冷暖房のコストを抑え、エネルギー消費の削減を期待できます。

トップライトには、『熱線カットポリカーボネート板』がお役立ち!

施工前
施工前
フィルム貼付施工後
フィルム貼付施工後
日射熱カット率 可視光線透過率 熱線カット効果
熱線カットポリカーボネート版 58% 28% -13℃

ガラスフィルム施工の事ならCOPAINEにお任せ下さい。

COPAINに相談する

各種サービスについてや、ご自宅、事務所の施工、防犯対策についてもご相談下さい。
03-3266-7739
電話受付時間 平日9:00~18:00

その他、COPAINEにできるサービスはコチラ!

本格的なリフォームは要らない!でも日曜大工では出来ない!そのような身近なリフォームサービスがコパンの役割です。お住まいの中での様々なお悩み、ご相談ください。
手間にならないガーデニング。豊かな生活をもたらすガーデン・エクステリア。住んでから気づいたお庭の問題。
お客様の悩みに合わせて、お庭の「リ・プラン」をご提案します。